ぜひともQMSを取得してほしい業種3選

yoshimura
yoshimura 記事一覧
カテゴリー: QMS,   タグ:

QMSを取得している業種は多種多様です。

取得のメリット・デメリットは様々で、取得した方が良い企業もあれば取得してもあまり効果が見込めない企業もあります。

今回はLRMとしてQMS取得をお勧めする業種を3つご紹介します。

システム開発

システムは止まってはいけないもので、かつ様々な人が携わり開発業務が行われます。

人が多く関わる中、システム開発に問題があるなんてことがあれば、下手をすると情報漏えいにもつながる可能性があります。

システム開発を行う中でミスが発生しないようにしたり、システムのリリース前にいかにして問題点を発見し改善に持っていったりするかということは、ISMSなどと同様にQMSにも関わってきます。

開発業務における品質の担保は会社の死活問題とも言え、QMSの構築が望まれてきます。

コールセンター

コールセンターは顧客の機密情報を利用し、顧客対応等の業務を行うことになります。

日々様々な人から問い合わせ等がくる中で、特定の人がずっと対応するのではなく、担当者が常に違うこともあります。

担当者個々人で対応内容や対応フローが違ってくると、担当者が代わった際などに共有すべき事項が網羅できず、内部で二度手間が発生し、利用者に再度確認するといったようなことが発生する恐れがあります。

コールセンターは、お客様と会話のみでコミュニケーションを取る業務だからこそ、様々なところでお客様側に負担が発生してしまうと顧客離れが発生し、事業に影響が出る可能性があります。

業務負担の軽減のためにも、QMSの構築が望まれる業種の1つと言えます。

PCデータ消去・機密文書廃棄

PCのデータ消去や機密文書の廃棄は外部に委託することが最近は増えてきています。

委託する際には、PCや機密文書の情報が外部に漏えいしないかを心配するのと同時に、本当にちゃんと情報の消去・廃棄がなされているのかといった点も、気になる部分かと思います。

消去・廃棄の手順が不透明であったり、作業内容に毎回差があるといったような場合、お客様は不安を覚えますし、実際に消去・廃棄が不十分で消去したPCをリユース等した際にはデータが残ったままだったなんてことがあれば大問題です。

そうなると情報漏えいにもつながり、会社としてはその業界で事業を行うための信頼は完全に地に落ちてしまいます。

そのような事態にならないためにもQMSを活用した業務品質の向上等が望まれます。

今回挙げた業種はまだまだ一例にすぎません。

皆さんの会社でQMSの必要性に悩まれている際にはぜひ一度LRMまで問い合わせてもらえればと思います。

ぜひともQMSを取得してほしい業種3選

カテゴリー: QMS

QMSを取得している業種は多種多様です。

取得のメリット・デメリットは様々で、取得した方が良い企業もあれば取得してもあまり効果が見込めない企業もあります。

今回はLRMとしてQMS取得をお勧めする業種を3つご紹介します。

システム開発

システムは止まってはいけないもので、かつ様々な人が携わり開発業務が行われます。

人が多く関わる中、システム開発に問題があるなんてことがあれば、下手をすると情報漏えいにもつながる可能性があります。

システム開発を行う中でミスが発生しないようにしたり、システムのリリース前にいかにして問題点を発見し改善に持っていったりするかということは、ISMSなどと同様にQMSにも関わってきます。

開発業務における品質の担保は会社の死活問題とも言え、QMSの構築が望まれてきます。

コールセンター

コールセンターは顧客の機密情報を利用し、顧客対応等の業務を行うことになります。

日々様々な人から問い合わせ等がくる中で、特定の人がずっと対応するのではなく、担当者が常に違うこともあります。

担当者個々人で対応内容や対応フローが違ってくると、担当者が代わった際などに共有すべき事項が網羅できず、内部で二度手間が発生し、利用者に再度確認するといったようなことが発生する恐れがあります。

コールセンターは、お客様と会話のみでコミュニケーションを取る業務だからこそ、様々なところでお客様側に負担が発生してしまうと顧客離れが発生し、事業に影響が出る可能性があります。

業務負担の軽減のためにも、QMSの構築が望まれる業種の1つと言えます。

PCデータ消去・機密文書廃棄

PCのデータ消去や機密文書の廃棄は外部に委託することが最近は増えてきています。

委託する際には、PCや機密文書の情報が外部に漏えいしないかを心配するのと同時に、本当にちゃんと情報の消去・廃棄がなされているのかといった点も、気になる部分かと思います。

消去・廃棄の手順が不透明であったり、作業内容に毎回差があるといったような場合、お客様は不安を覚えますし、実際に消去・廃棄が不十分で消去したPCをリユース等した際にはデータが残ったままだったなんてことがあれば大問題です。

そうなると情報漏えいにもつながり、会社としてはその業界で事業を行うための信頼は完全に地に落ちてしまいます。

そのような事態にならないためにもQMSを活用した業務品質の向上等が望まれます。

今回挙げた業種はまだまだ一例にすぎません。

皆さんの会社でQMSの必要性に悩まれている際にはぜひ一度LRMまで問い合わせてもらえればと思います。

Author: yoshimura
  • はてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • google+に追加
  • LINEでシェアする