pageTop

社員紹介 -毎床 愛美-

略歴

佛教大学卒。2016年4月、新卒でLRMへ入社。
入社後は、メルマガ運営、ブログ運営、社外資料作成などコンテンツ作成および運営を担当するほか、新卒採用にも従事。その後、情報セキュリティ特化型eラーニングサービス「Seculio」やメール誤送信防止サービス「メールZipper」など、LRMが取り扱う様々なソリューション商材のインバウンドセールスおよびカスタマーサポート担当となり、現在に至る。

自分の担当業務・役割

現在、わたしは主に「ソリューション商材」のインバウンドセールスとカスタマーサポート業務を担当しています。自社開発のサービスや、代理店販売しているサービスなど、LRMでは様々なソリューションサービスを取り扱っていますが、それらすべてのお客様対応をおこなっています。
日々、電話やメールで寄せられる「設定方法がよくわからなくて…」「より便利に利用するにはどうすれば良いですか?」などといったお問い合わせに対応したり、「そもそもお客様が困らないようにするにはどのようなことをしなければいけないのか」ということを考えたりしています。

仕事のやりがい、たいせつにしている事

「おかげさまで便利にサービスを使えるようになりました」「とても助かりました」
そんな言葉をお客様からいただける瞬間が一番うれしいですし、一番やりがいを感じる瞬間です。

仕事をする中では、「いかに少ない工数でお客様の満足度を上げるか」「いかに同じ作業を繰り返さずに済むか」ということを大切にしています。
わたしはもともと人と話をするのがあまり得意ではなく、また同じ対応や同じ説明を何度もすることが苦手なため、どちらかといえばお客様対応は向いていない性格だと思います。
だからこそ、「いかに少ない工数でお客様の満足度を上げるか」「いかに同じ作業を繰り返さずに済むか」ということを大切にし、効率的に仕事をする方法を日々模索しています。

将来のキャリアプラン

色々なことをそつなくこなせるゼネラリストになりたいと考えています。
LRMでは今後人が増えていく中で、何らかの事情により「一時的に休職する」「時短勤務に切り替える」というような人が様々なタイミングで出てくると思いますし、そういった多様性を受け入れられる会社になっていかなければならないと思っています。そんなときに、誰かが抜けた穴を埋められるような存在になれれば良いな、と考えています。

社内の環境(人・設備面・制度など)

やる気のある社員や向上心のある社員に対しては、とても手厚いサポートをおこなってくれる会社です。
外部セミナーや勉強会に参加することを推奨してくれていますし、参加費用を会社が支給してくれることもあります。また、勉強用の書籍を購入してくれたり、各種試験の受験料を支給してくれたり、業務効率を上げるためのツールを購入してくれたり、とにかく社員がスキルアップ・効率アップするために有効なものに対する投資は、快くおこなってくれる会社です。

ワークライフバランスについて

正直なところ、ほんの数年前までLRMにはワークライフバランスという概念はなく、仕事に没頭する人ばかりの会社でした。というもの、比較的若い社員ばかりだったこともあり、顧みる家庭を持っている人があまりいませんでしたし、「キャリアアップのためにLRMに入社してきた」という人が多かったからです。
しかし、最近は社員が増えてくる中で、お子さんのいらっしゃる方や、プライベートな時間を重視する方も増えてきました。

そのため、LRMでは「ワーク型:がつがつ働きたい人」「ライフ型:家庭を優先したい人」「バランス型:仕事と家庭、どちらもバランスよくこなしたい人」といった、それぞれにあった働き方を選べるようになりました。
現在わたしはワーク型を選んでいますが、今後は自分のライフプランに合わせてプラン変更をおこなっていきたいと考えています。

入社理由、LRMの魅力など

就職活動をしていたときは、漠然と「これから成長しそうな業界で働きたい」「いろんな仕事が経験できる会社で働きたい」という思いがありました。そんな中で、「情報セキュリティ」といういかにも今後成長しそうな業界で、少数精鋭(わたしが就職活動をしていた頃、社員が4名しかおらず、それぞれが多様な職種を兼任していました)なLRMはとても魅力的でしたので、内定をもらった後、比較的早期に入社を決めました。
また、何度か選考の中でLRMのオフィスを訪れましたが、面接官だった幸松や藤居をはじめ、オフィスにいるすべての人がみなとても親しみやすい雰囲気だったことも、わたしがLRMへの入社を決めた理由の一つです。

実際入社してから感じたのは、LRMは想像以上にフラットな組織であるということです。役職による上下関係はありませんし、役員の幸松や藤居もとてもフランクに接してくれます。
そのため、LRMにおいて「人付き合い」という点で息苦しさを感じたことはありません。

LRMだからこそやりやすい事

入社したばかりの社員だろうが、アルバイトだろうが、パートだろうが、誰でも自由に意見を発信できる点が、LRMの良いところだと思います。
LRMには「あっ。あれやらなきゃ!」「毎月会議」「1on1」など、若手社員でもLRMのあり方に対する意見を述べる場がたくさんあります。
「どうすればLRMがより良い会社になるのか」「どうすればもっと効率的に仕事ができるのか」といったことを考え、経営陣に自由に意見を言える環境というのは、めずらしいのではないかと思います。

募集要項をチェックする