pageTop

社員紹介 -間野 恵実-

略歴

関西大学卒。
学生時代にLRMでの内定獲得後、内定者アルバイト~入社2年目前半まで西日本の営業担当として勤務し、
入社2年目後半からはコンサルアシスタントとして従事。

新設部隊コンサルアシスタントの立ち上げ

弊社はメイン事業として、コンサルティング事業を展開しています。以前よりコンサルティング事業の規模拡大を狙っていましたが、2017年より本格的に拡大を進めることになりました。
その際にコンサルタントを組織だって手伝う部隊、コンサルアシスタントの設立が掲げられ、私はその部隊の設立のため部署異動しました。
部隊立ち上げ当初は私一人がメンバーで、幸松さん(社長)とともにどのような業務を行うか、そもそもこの部隊の存在意義、理想形とは何か、ということを何度も相談を重ねてきました。

そして今、コンサルアシスタント部隊としての体制もある程度整い、メンバーも3人に増えました。
部隊としての完成形にはまだまだ遠いですが、日々改善を行い、もっともっとコンサルティング事業部拡大、ひいては会社全体の拡大に寄与したいと思っています。

コンサルアシスタントとしての想い

毎日の業務の中で私が大切にしていることは2つあります。

1つ目は「気遣い」です。お節介レベルの気遣いを心がけています。
私達はコンサルタントとお客様の両方をアシストする存在です。気遣いを心がけることにより、コンサルがスムーズに仕事に取り組めたり、コンサルティング品質向上に繋がり、お客様が期待している以上のサービス提供ができます。
そのため、日々、どうしたらコンサルやお客様は喜ぶのかを考えながら仕事をしています。

2つ目は「業界初の「組織立ったコンサルティング提供」を行っている誇り」です。
実は、情報セキュリティコンサルティング業界では、サービス提供形態が「コンサル対お客様」の1対1が当たり前です。
ただ、やはり1対1ではどうしても細やかなサポートができないのが現状です。その現状に業界としての課題を弊社は感じ、恐らく業界で初となる、組織立ったサービス提供を開始しました。
お客様とメインで接するコンサルタント、コンサルタント・お客様をサポートとするコンサルアシスタント、そして全体統括のコンサルタントがチームを組み、お客様をご支援しています。

そのため、他社には負けないサービス提供に誇りをもち、妥協をせず仕事に取り組んでいます。
(誇りがあるからこそ、仕事に妥協をしたくない、といった表現の方が正しいかもしれません)

社内の雰囲気

弊社は、プライベートな話もするウェットな職場です。
例えば、どこにご飯を食べに行ったとか、昨夜見たテレビの話などもします。たまに馬鹿笑いをするぐらい笑う話をすることもあります。
ですが、業務の話をする際はスイッチを切り替えて、真剣に話をします。

また、社内での主たるコミュニケーションはチャットですが、対面でのコミュニケーションも大切にしているため、直接話をすることも多いと思います。

なので、一日に交わす言葉が挨拶だけ、といったことはないです。

コミュニケーションを積極的に取り、従業員同士の関係構築がなされているため、気兼ねなく意見を言い合えたり、相談し合える環境です。

LRMに合う方・合わない方

私なんかはLRMで好き勝手に働いていますが、「自分自身ではなく、外部の要因に理由・責任・言い訳を求める方」にとっては、LRMは働きづらいと思います。

LRMは少数精鋭のベンチャー企業です。
社内での相談は活発に行いますが、基本的にはそれぞれがそれぞれの責任でもって自身の仕事を進めていく社風です。
「指示待ち」ではなく、「自分発信」で仕事を創り出していける方と一緒に働きたいと考えています。

逆に、LRMに合っていると感じるのは、「人生を楽しもうとしている方」です。言い換えれば「何事もポジティブに考え、行動できる方」でしょうか。
会社全体が上を向いて日々邁進していますので、その勢いがとても心地よく感じられると思います。
まだお目にかかったことがない「あなた」と、いずれ、一緒にデスクを並べられる日を楽しみにしています。

募集要項をチェックする