現状把握

組織体制の構築

自社のセキュリティ対策の現状確認方法と対策案

企業の「セキュリティ対策」の第一歩の踏み出し方として、自社の現状で見るべきポイントやこれから改善していくやり方まで、それぞれ3つのポイントで解説いたします。「セキュリティ対策」をしたい全ご担当者様必見です。
セキュリティ技術の導入

リスク分析が効果的!セキュリティリスクへの対処法

情報セキュリティの基本、まずもってやるべきなのは、セキュリティリスク分析です。本記事では、しっかりセキュリティリスクに対処、コントロールできるためのリスク分析について評価基準やすぐに行える4つの手法をご紹介しております。
組織体制の構築

SOC(セキュリティオペレーションセンター)の役割とは?具体的業務例を交え解説

読者のみなさまの会社にはサイバー攻撃の検出や分析を行う専門の部署はありますでしょうか? ...
セキュリティ技術の導入

中小企業が情報セキュリティに取り組むべき3つの理由

はじめに 大手企業ではおこなっていて当たり前のようなセキュリティ対策を、創業まもない...
ISMS

自社のセキュリティレベルを把握するには?測定方法についても解説

いまや情報セキュリティもサービス品質の一端となっています。取引先や顧客、サプライチェーンの要請にこたえるためにも、まずは自社のセキュリティレベルを客観的に把握する方法をお伝えします。ぜひ貴社での情報セキュリティの参考にしてください。
Pマーク

個人情報を特定し、現状把握することの重要性

「個人情報の特定」はPマーク取得の山場と言えます。何をどこまで個人情報として決めるのか、それに含まれる情報は、利用目的は、保管場所は、などなど、ひとつひとつを確認し、会社の現状を把握しましょう。
情報漏えい

セキュリティ事故防止のために

もはや身近な脅威となったセキュリティ事故ですが、発生すれば企業の存続にさえ関わります。本記事では、その事例や原因をご紹介するとともに、その防止策を「人的要因」と「組織的・物理的要因」に分けて講じています。
タイトルとURLをコピーしました