pageTop
応募する
まずは話を聞く
クリエイティブチーム マネージャー
明神陽子

プロフィール

専門学校卒業後、コーポレートサイトやブランディングサイト、ECサイト、基幹システム、WEBアプリケーションなど、さまざまな業種のデザインやフロントエンドコーディングをWEBサイト制作会社で担当。また2015年頃から制作ディレクション業務も一部兼任。
さまざまな顧客データを取り扱う中で情報セキュリティの分野に興味を持ち、LRMの事業や理念に共感したため、2019年に入社。

自分の担当業務・役割

マーケティング部クリエイティブチームにて、LRMが運営するWEBサイト(コンサルタント関連事業、ソリューション関連事業、各種セミナーなど)全体の保守・管理や、制作者の作業管理・日程調整を担当しています。
また、各事業部と連携を取りつつ、作業者のペース配分や緊急対応も対応できるよう心がけています。

仕事のやりがい

一言で「WEBサイト」といっても、事業内容によって重要視されているポイントや打ち出したい内容などが異なるため、いかに社内の要望に併せたWEBサイト制作が行えるか、より効率の良くセキュアに運用できる方法はないかなどを模索しながら、日々の業務に励んでいます。

また、この仕事自体は直接売上を伸ばす仕事ではありませんが、制作・運営・管理することで各事業部の売上に貢献するための橋渡しになると考えています。 できる限り社内全体の売上に貢献できるよう心がけて、制作メンバーへ作業指示や知識共有などを行うようにしています。

社内の環境(人・設備面・制度など)

新卒は除きますが、出社スタイルをテレワーク(リモートワーク)と出勤のどちらにするか、3ヶ月に1回気兼ねなく選べるのは魅力の一つです。

また、社内制度や作業などでわからないことがある場合でも、マニュアル管理ツールでおおよその内容が管理されているので、知りたいと思えばすぐ確認できるのは便利だなと感じています。もしマニュアルに記載がなかった場合でも、Chatworkなどを利用して担当者に直接確認ができるので、テレワーク時でも出社時でも、快適に作業が行えます。

さらに、ヘッドセットの購入補助やデフォルトでの3台マルチディスプレイ(オフィスのみ)、iPadの支給といった作業面での福利厚生は優遇されていますし、社員の健康面や配偶者にも配慮された休暇制度、オフィス内に完備されたおやつや飲み物類、コップ・タンブラーの支給など、業務外の福利厚生もかなり充実しているのはとても良いと思います。

LRMだからこそやりやすいこと

会社としての目標はしっかりしていて、試行錯誤を繰り返しながら実現に向けて着実に一歩ずつ前に進んでいる会社なので、実業務で大変なことを求められることは多いかもしれませんが、会社の目標を元に個人目標を立てたり努力しようと思う方向性を決めるのは決めやすいかなと思います。

また、個人的にチャレンジしてみたいことやセミナーへの参加を止められることはあまりないので、それなりに自由ではあるかなと感じています。

募集要項をチェックする