代表挨拶

LRMのWebサイトにアクセスして頂きありがとうございます。

LRMは2019年8月から第14期になります。
今期は昨年から引き続き社内体制をしっかりと整える。会社の足腰をしっかり鍛える1年間として位置付けています。
第15期からの3年間の成長を成し遂げるためにもしっかりと会社としての基礎力を付けていきます。

売上をあげることも大事ですが、会社の統制をしっかり取ることも情報セキュリティサービスを提供する会社として非常に重要だと考えています。

今期は、しっかりとした会社になるために以下のようなことを実施していきます。

幸松 哲也

代表取締役 幸松 哲也

①社外取締役の設置
第13期までは役員は、社内取締役である幸松と藤居の2名体制でした。
幸松、藤居ともに他社での役員経験はなく、共に自分自身で色々と試行錯誤しながらLRMの経営を行ってきましたが、今期からは他社での役員経験があるメンバーを取締役として任命しました。
瀧下、坂田の2名の社外取締役を含めた4人の取締役でLRMの舵取りをしていきます。

②社内ルールの整備
働き方改革などにより新たに企業として対応しなければいけない事項などへの対応は元より、今までしっかりと取り組んでこなかった分野のルールなどを着々と整備していきます。

③チームでの仕事
第13期から取り組んでいる「個人でするのでなく、チームで仕事をする」ことを更に進めていきます。
チームで仕事をすることにより個人で行っている時より、よりスピーディーに、より確実な仕事を進めていけるように取り組んでいきます。

第14期もLRM全員で一丸となって頑張っていきます!