pageTop

代表メッセージ

略歴

1976年 兵庫県生まれ。
奈良県立郡山高校、徳島大学工学部 卒業。
新卒で大手SIerであるTIS株式会社に入社し、大規模システム開発プロジェクトに従事する。
その後、外資系IT企業、システム会社を経て2006年12月にLRM株式会社を設立。

「日本で一番身近な情報セキュリティ会社」を目指し、
長期に渡って一緒に成長していける仲間を熱烈募集中

「身近な会社」を目指します

LRMが目指しているVisionは、情報セキュリティに関する事柄であれば、お客様から真っ先にご相談をいただけるような「日本で一番身近な情報セキュリティ会社になる」ことです。

情報セキュリティは今や全ての企業の必須事項となってきています。皆さんも情報漏えいのニュースなどを目にする機会はあると思います。
情報漏えい等の情報セキュリティ事故をなくすために情報セキュリティの取り組みは企業の社会的責任となっています。

代表取締役 幸松 哲也
代表取締役 幸松 哲也

ただ、情報セキュリティは多くの人からは非常に馴染みがない分野です。「大事なのは分かるけど、何をしたら良いのか分からない」そういった声を非常に多く聞きます。LRMは、そういったお客様が一番最初に相談するパートナーになりたいです。

皆さんが何か困ったことがあったら一番最初に相談する人ってどういう人ですか?
もちろん知識や立場もあると思いますが、何より人として信頼出来る人だと思います。専門家としてのスキルも必要ですが、LRMが一番大事にするのは信頼できる人間性です。

ベンチャー企業でありたい

ベンチャー企業の定義は色々あると思いますが、LRMでは「常に成長していく企業」と定義しています。
私自身もそうですが、社員一人ひとり全員が成長をし続けていく会社を創っていきたいと思っています。

会社の色々な制度も、一人ひとりが成長していくために整えていきます。

現状維持を選ぶのが楽なケースも多々あると思いますが、日本で一番身近な情報セキュリティ会社になって、Security Dietを実現していくのはそんなに生易しいものじゃありません。社員全員が必死に頑張って努力し続けていかないと辿り着けない場所だと思います。

権限は与えます

人として大きく成長するためにも、LRMでは意欲がある社員にはどんどんと権限を与えていきます。
自分自身で考えて行動することによって、大きな経験となり自分自身の成長に繋がっていくと思います。

また、本来仕事は楽しいものです。もちろん苦しい時もありますが、仕事はやらされるものではありません。
自分のやりたいことを積極的に提案してきて下さい。仕事を自分自身でやっちゃって下さい!

LRMが求める人物像

LRMが求めるのは自分自身で考えて、行動できる人材です。決まったことに対して批評するだけの人物は、LRMのようなベンチャー企業には向いていません。

LRMは会社の事業方針を社員全員で決定しています。そして決まったことに対しては皆で一所懸命がんばるという方針で会社を運営しています。
もちろん見直して改善したり、時には中止したりすることもありますが、全員で議論した上で一度決まったことは、成功に向けチーム一丸となって取り組むことが基本的な方針です。
特に事業の基盤を強固にしていこうとする段階では、社員全員が同じ方向を向くことが重要だと考えています。1のものをみんなで一緒に頑張りながら10にしていける、そんな組織を作っていきたいです。

LRMは決して能力至上主義の組織ではありません。いくら能力があっても、社会人として当たり前のマナーがなければ、お客様の信頼は得られません。
嘘をつかないことや時間を守るなどの「人としての当たり前のマナー」を守り、「より良くするためにはどうしたら良いのだろうか」をトコトンまで考えて行動し、さらにまた考えるということが出来る人を仲間に迎えて一緒にSecurity Dietを実現していきましょう!

長く安心して働ける会社を創りたい

LRMには定年制度はありません。仕事の引退は自分自身で決めるべきだと思います。

ただ、人生には働くのが大変な時期というのが必ず来ます。代表的なものに出産、育児、病気、介護などがあると思います。
そういった働きにくい時期でも会社を辞めなくても良いようにしたいです。
働く時間を柔軟に調整したり、一定期間休んでから復帰するなど一人ひとりにとって最適な働き方が出来る会社にしていきたいです。

そういった体制を整えるためには、もっと多くの仲間が必要です。
直ぐには実現できないですけど、1つずつ実現していって「働きたいと思っている間は、ずっと安心して働ける会社」にしていきます。

募集要項をチェックする