株式会社佐賀銀行様、セキュリオ導入のお知らせ


お知らせ

この度、株式会社佐賀銀行(以下、佐賀銀行)が情報セキュリティ教育クラウド「セキュリオ」を導入したことをお知らせします。

佐賀銀行では「金融の枠を超えて地域の価値向上を実現する銀行グループ」を掲げ、キャッシュレスや定型業務の効率化を推進されています。

LRMは、セキュリオを通じて佐賀銀行で働く従業員様のITリテラシー向上を支援することで、佐賀銀行の既存事業の変革や新しい事業領域への挑戦をサポートします。

サービス導入の背景

銀行業務においては、対面でしか対応できない業務や、手入力を余儀なくされる作業なども数多く存在し、お客様はもちろん、行内の業務と窓口の業務の両方を担う従業員様のご負担も決して小さくありません。

また、地域の人材不足という外的要素もあり、生産性の向上やそのためのITの活用も組織的な課題として挙げられています。

そんな中、佐賀銀行は、地域社会の発展に寄与すべく、行内業務の効率化や地域社会の活性化を目的としたデジタル推進に取り組んでいます。

こうした取り組みを行っていく上で、これまであまりITに触れることのなかった方も含め、多くの方がシステムを扱うことになります。

そうした際に、システムのセキュリティ対策や利用者のITリテラシーが問われるため、セキュリティ教育の体制を早急に整える必要があると考えられ、セキュリオの導入に至りました。

セキュリオを導入した理由

佐賀銀行では、eラーニング学習や標的型攻撃メール訓練のような実践的な訓練など、複数の方法を並行して教育できるようなサービスを検討されていました。

セキュリオでは、「eラーニング」「標的型攻撃メール訓練」「セキュリティアウェアネス」の3つの機能をすべて利用いただきながら、従業員のセキュリティ意識向上にアプローチすることができます。

また、セキュリティに関するコンテンツが豊富に用意されているため、担当者が負担をかけることなく、教育を実施でき、従業員の意識を向上させることができます。

複数の機能や豊富なコンテンツを担当者の負担をかけることなく、従業員のセキュリティ意識を向上されられるといった点を評価いただき、導入いただきました。