pageTop

動作条件の設定

メールZipperには様々な機能があります。
それらの機能を、お客様が任意に定めたご希望の動作条件で起動させることによって、より自社に合った運用を実現できます。

動作条件は設定画面から編集できますので、詳細なご意向を踏まえたカスタマイズが可能です。

1メールアドレス、もしくはドメイン単位での設定
  • 外部ドメイン、もしくは社内ドメインに送付する場合
  • ToもしくはCcに指定件数以上の外部ドメインが含まれる場合
  • ToもしくはCcのメールアドレス件数が指定件数以上の場合
  • Bccメールアドレスの件数が指定件数以上の場合
  • 宛先に外部ドメイン(もしくは社外メールアドレス)がある場合
設定例

特定の宛先へ送信する際は暗号化を適用する

アドレス設定 + パスワードZip化

Toに1件でも外部アドレスが含まれる場合は、全て一時保留をする

アドレス設定 + 一時保留機能

2送信者の設定
  • 特定の送信者が送信する場合
設定例

営業部が送信する場合は暗号化する

送信者設定 + パスワードZip化

新入社員が送信する際には、必ず上長承認を起動する

送信者設定 + 上長承認機能

3添付ファイルの設定
  • 添付ファイルが存在する場合
  • 特定の拡張子の場合
  • 既に暗号化がされている場合
設定例

添付ファイルが存在するときは、一時保留をする

添付ファイル設定 + 一時保留機能

すでにZip化がされている場合でも、自動Zip暗号化する

添付ファイル設定 + パスワードZip化

4キーワードの設定
  • 件名もしくは本文中に特定のキーワードを含む場合
  • 添付ファイル内に特定のキーワードを含む場合(※オプション)
設定例

件名に【重要】が含まれるメールは全て一時保留をする

キーワード設定 + 一時保留機能

添付ファイルに「カード番号」が含まれるメールは破棄をする

キーワード設定 + 強制破棄機能