pageTop
今までの面倒な作業がなくなり、業務効率UP!

1日平均5通の添付ファイルを送る場合、手作業でパスワードを設定していると、月間約5~6時間も無駄な時間を使っていることになります。(※当社調べ)場合によっては、パスワードを設定する方法を調べたり、専用のソフトを起動させたりと無駄な時間が増えるばかりです。

メールZipperは、「作業負担ゼロ」。
手間をかけることなく安全に送ることができます。
メールZipperでの作業

「作業負担ゼロ」で送信完了

添付して送信するだけで、後は何も気にすることなく便利で安心です。メールZipperが自動で暗号化処理して送信します。
今までの作業

月間約5~6時間の手間がかかる

送る度に手作業で設定し、都度パスワードを通知する必要があります。パスワードの設定を間違えて解凍できないリスクもあります。
セキュリティも信頼度も向上!

一般社団法人日本ビジネスメール協会「ビジネスメール実態調査2020」(2020年6月)※1 によると、約38%の人が、過去1年の間に業務上のメールで何かしらの失敗をしています。
また、日本セキュリティネットワーク協会(JNSA)による「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」※2 によると、情報漏えいインシデント一件あたり平均想定損害賠償額は、6億3,767万円になるとの調査結果も出ています。

メールが主な連絡手段となっている現代においては、メールからの情報漏えいも多数報告されています。
情報漏えいとまではいかなくとも、「添付ファイルの付け忘れ」「誤字・脱字」などは企業の信頼度に影響してきますので、十分注意が必要です。

過去1年間の受信メールで見つけた失敗例と、送信メールの失敗例

メールZipperなら、誤送信防止機能や、チェック機能等のあらゆる機能を組み合わせることで、メールからの情報漏えいを防止します。
安全に情報を取り扱うことで、取引先からの信頼度も向上します。

※1  一般社団法人日本ビジネスメール協会「ビジネスメール実態調査2020」
※2 JNSA「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」

専用のソフトや設備は一切不要!

今までは専用サーバなどの設備が必要だったり、初期費用が高額でしたが、クラウド化によって気軽に導入できるようになりました。
インストールやPCへの設定も必要なく、管理不要で手間のない運用が可能です。

簡単導入・設備不要・ソフト不要
メールZipperはクラウド型のサービスなので専用の設備やソフトのインストールは一切不要。簡単に導入していただけます。
試用版お申込みはこちら
お問合せ/見積もりはこちら
資料のご請求はこちら