みなさん、何かについて勉強する際は、何か目標を掲げた方が深い学びにつながるのではないでしょうか。それは、情報セキュリティの分野も同じです。

そこで今回は、情報セキュリティについて勉強する際に目標にできるような試験について、独立行政法人情報処理推進機構(以下IPA)が行っている試験から紹介したいと思います。

情報セキュリティ系の資格

1.ITパスポート

ITパスポート(以下「iパス」)は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
内容は、社会人として備えておくべきIT基礎知識を証明するものであり、IT技術やIT管理、経営全般に関する基本的な情報が問われます。
ITについて、まずは最低限の知識が欲しい、自分が現状どのレベルのIT知識を持っているのか確認したいといった方におすすめの目標といえるでしょう。

2.情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験も、iパス同様の分野を問われるのですが、その分野内でもより情報セキュリティや情報セキュリティマネジメントの部分に焦点を当てて知識を問われます。
つまり、ISMSと深くかかわる知識であり、ISMSの構築・運用にかかわるメンバーの方はこの試験を目標に勉強することで、組織のISMSをより効果的なものにすることができるかもしれません。

3.基本情報技術者試験

ITパスポートはすべての社会人が備えておくべき基礎知識であるのに対し、基本情報技術者試験は情報技術を活用した戦略立案に参加したり、システムの設計・開発を行っていく人が備えておくべき基礎知識を証明するものです。問われる内容の分野はiパス同様ですが、内容がより専門的になっていると考えると良いでしょう。
組織の中でも情報システムに関わる役割、情報処理に関わる業務を行う方が勉強する上でおすすめの目標といえるでしょう。

4.応用情報技術者試験

内容的には、基本情報技術者試験と大きく変わらないのですが、より高度なレベルの知識を問われるものとなります。そのため、基本情報技術者試験をおすすめした方の中でも、リーダーシップを取っていくような立場にある方などが勉強していく上での目標とすることができるでしょう。

5.情報処理安全確保支援士試験

企業や組織における安全なシステムの企画から運用の支援、サイバーセキュリティ対策の調査から評価、助言などを行うことができるレベルのサイバーセキュリティに関する専門知識を問う試験です。
また、ほかの試験にはないこの試験だけの利点として、合格すると、「情報処理安全確保支援士」と呼ばれる情報系の士業として登録することができます。
名称独占資格でもあるため、情報処理・情報セキュリティ関連でより信頼を高めたい方などにおすすめの資格といえるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで情報セキュリティ・IT系の勉強をする上で目標にできる試験について紹介してきました。今回は、IPAの行っている試験かつ、その中でも抜粋しての紹介であり、IPAのみでもこの他に多数の試験を実施しています。また、IPA以外にも様々な組織が情報セキュリティやITに関する試験を行っているので、自らの行う業務や必要な知識に合わせて、試験という目標をもって勉強してみてはいかがでしょうか。

参考

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験」独立行政法人情報処理推進機構

情報セキュリティ系の資格といえば

みなさん、何かについて勉強する際は、何か目標を掲げた方が深い学びにつながるのではないでしょうか。それは、情報セキュリティの分野も同じです。

そこで今回は、情報セキュリティについて勉強する際に目標にできるような試験について、独立行政法人情報処理推進機構(以下IPA)が行っている試験から紹介したいと思います。

情報セキュリティ系の資格

1.ITパスポート

ITパスポート(以下「iパス」)は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
内容は、社会人として備えておくべきIT基礎知識を証明するものであり、IT技術やIT管理、経営全般に関する基本的な情報が問われます。
ITについて、まずは最低限の知識が欲しい、自分が現状どのレベルのIT知識を持っているのか確認したいといった方におすすめの目標といえるでしょう。

2.情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験も、iパス同様の分野を問われるのですが、その分野内でもより情報セキュリティや情報セキュリティマネジメントの部分に焦点を当てて知識を問われます。
つまり、ISMSと深くかかわる知識であり、ISMSの構築・運用にかかわるメンバーの方はこの試験を目標に勉強することで、組織のISMSをより効果的なものにすることができるかもしれません。

3.基本情報技術者試験

ITパスポートはすべての社会人が備えておくべき基礎知識であるのに対し、基本情報技術者試験は情報技術を活用した戦略立案に参加したり、システムの設計・開発を行っていく人が備えておくべき基礎知識を証明するものです。問われる内容の分野はiパス同様ですが、内容がより専門的になっていると考えると良いでしょう。
組織の中でも情報システムに関わる役割、情報処理に関わる業務を行う方が勉強する上でおすすめの目標といえるでしょう。

4.応用情報技術者試験

内容的には、基本情報技術者試験と大きく変わらないのですが、より高度なレベルの知識を問われるものとなります。そのため、基本情報技術者試験をおすすめした方の中でも、リーダーシップを取っていくような立場にある方などが勉強していく上での目標とすることができるでしょう。

5.情報処理安全確保支援士試験

企業や組織における安全なシステムの企画から運用の支援、サイバーセキュリティ対策の調査から評価、助言などを行うことができるレベルのサイバーセキュリティに関する専門知識を問う試験です。
また、ほかの試験にはないこの試験だけの利点として、合格すると、「情報処理安全確保支援士」と呼ばれる情報系の士業として登録することができます。
名称独占資格でもあるため、情報処理・情報セキュリティ関連でより信頼を高めたい方などにおすすめの資格といえるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで情報セキュリティ・IT系の勉強をする上で目標にできる試験について紹介してきました。今回は、IPAの行っている試験かつ、その中でも抜粋しての紹介であり、IPAのみでもこの他に多数の試験を実施しています。また、IPA以外にも様々な組織が情報セキュリティやITに関する試験を行っているので、自らの行う業務や必要な知識に合わせて、試験という目標をもって勉強してみてはいかがでしょうか。

参考

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験」独立行政法人情報処理推進機構

Author: 石濱 雄基
  • はてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする