pageTop

メールZipper機能一覧

「送信一時保留」とは?
送信メールを一時的に保留

■添付ファイルの有無に関わらず、メールを一時保留。その間に送信キャンセル可能 。

送信メールをサーバーで保留することができます。送信後に気付いた宛先間違えや、添付ファイルのうっかりミスも、保留中は送信をキャンセルできるため、業務上の大きな事故に繋がる誤送信を未然に防止します。

機能概要

  • ・ 登録ユーザのメール送信を指定時間の間保留
  • ・ 送信メールのキャンセル可能
  • ・ 送信待ちメール一覧の確認

設定可能な項目

設定項目設定できる内容
メール保留時間分単位で任意に設定可能
メールZipper機能一覧
自動暗号化

ファイルを添付し、送信するだけでZip化され、パスワードは別メールで自動で同時配送されます。

メール送信破棄

あらかじめ条件設定を行い、設定した条件にあてはまる送信メールを強制的に破棄します。

自己承認機能

送信前に自分のメールをチェックできます。ユーザ画面へログインし、承認しない限り、送信はされません。誤送信防止に有効です。

送信一時保留

送信前に、任意の時間だけサーバに留め、内容を確認できるので、内容にミスがあっても、送信前であれば取り消しが可能です。

宛先自動追加

設定した上長のメールアドレスを、Bccに自動的に追加します。上長はいつでもメール内容の確認や、やり取りの流れが把握できます。

上長承認

メール送信時に、承認者に確認メールが届きます。承認しない限り送信されることはないため、事前にミスを防ぐことができます。

Bcc強制変換

あらかじめ条件設定を行い、設定した条件にあてはまるメールの宛先アドレスをBcc化して送信します。

Webダウンロード

任意に設定した容量以上のファイルが添付されると、クラウドへ一時保管され、ダウンロード用URLがメールで受信者へ届きます。