リモートアクセスとは?その種類や仕組み、特徴について解説

この記事は約6分で読めます。

コロナ禍の影響で、在宅勤務が推奨されるようになった昨今。 
在宅勤務を可能にする技術が「リモートアクセス」です。 

「リモート」という言葉は聞きなじみがあると思いますが「リモートアクセス」という言葉は初めて聞いたという方もいるかもしれません。 
ですが、情報漏えいなどといったインシデントを発生させず、安全に在宅業務を行いたい。 
そんな方は、リモートアクセスの仕組みを理解しておくと、自社のセキュリティの向上に役立つでしょう。 

今回は、そんなリモートアクセスの解説、種類、仕組み、特徴などについて解説します。

また、テレワークのセキュリティ対策をお考えの方に、今すぐできるセキュリティ対策をまとめた資料をご用意しました。ぜひ無料でダウンロードしていただき、自社でのセキュリティ状況把握や改善にお役立てください。

リモートアクセスとは 

リモートアクセスは、「自宅や外出先などから社内システムに接続すること」です。 

会社にいなくても、会社にいるのと同じように業務ができるようになります。 

コロナ禍において、リモートで働く「場所にとらわれない」働き方に注目が集まり、近年爆発的に普及しました。

リモートアクセスの仕組み

「VPN」や「リモートデスクトップ」「セキュアブラウザ」など、リモートアクセスを実現するための方法は複数あります。 

それぞれ1つずつ紹介します。 

VPN 

VPN」とは、Virtual Private Networkの略で、直訳すると「仮想専用線」です。 

通常のインターネット回線を利用して提供される、仮想のプライベートネットワークのことで、情報漏えいのリスクを防ぐための技術として知られています。 

詳しくは、こちらの記事でも解説しているのでご覧ください。

画面転送(リモートデスクトップ) 

画面転送(リモートデスクトップ)」は、社外から社内サーバーやパソコンにアクセスする技術です。 

社内のパソコンなどの画面情報を、画面転送技術を利用して転送し、画面を同時に動かして、リモートアクセスを実現しています。 

セキュアブラウザ 

セキュアブラウザ」は、ブラウザを使用して社内システムに接続する方法です。 

ブラウザを利用するため、端末の種類やOSに制限がなくWindows/Mac/Android/iOSなどで利用できます。 パソコンを持っていないという社員でも、スマートフォンで接続できるため、汎用性が高いです。 

API

API(Application Programming Interface)」は、ソフトウェアの一部をWEB上に公開して、外部利用できるようにする方法です。 

クラウド上で提供されるAPIを通じて、社内外から直接アプリを利用することができるので、簡単な設定のみで導入が可能です。

RAS

RAS(Remote Access Server)」は、社外から社内ネットワークへの接続を可能にする仮想ネットワークサーバーのことです

どのリモートアクセスの方法を選ぶべきか

先述したとおり、リモートアクセスの仕組みには色々と種類がありますが、それぞれ特徴があります。 

VPNはアクセスの自由度、システムの拡張性は高いですが、設備を自社で用意する必要があるため、導入コストは高いです。 
画面転送(リモートデスクトップ)は、導入が簡単ですが、セキュリティ対策が難しいです。 
セキュアブラウザはブラウザで簡単に使えますが、システムの拡張性がありません。 
APIも導入は比較的容易ですが、API連携している会社のサーバーが停止すると利用できなくなるなど可用性に不安があります。 

このように、リモートアクセスの方法ごとに、様々なメリット・デメリットが存在します。 

自社はどこを重視するべきかどうかを考えながら、適切な方法を選びましょう。 

  VPN 画面転送(リモートデスクトップ) セキュアブラウザ API
コスト 高い 安い(無料でも可) 普通 普通
期間 長い 速い 普通 速い
セキュリティ 高い 低い 普通 普通
自由度 高い 低い 低い 普通
拡張性 高い 低い なし 普通

リモートアクセスにおけるVPNの種類について

リモートアクセスにおけるVPNの種類は

  • インターネットVPN 
  • IP-VPN 
  • SSL-VPN 
  • IP Sec-VPN 

などがあります。 

それぞれ1つずつ解説します。

インターネットVPN 

インターネットVPN」は、既存のインターネット回線を利用してVPN環境で構築されたVPNです。 

安く導入可能ですが、オープンな回線のため、通信速度が遅くなる傾向があり、不正アクセスに対しても脆弱性があります。

IP-VPN 

インターネットVPNとは反対に、クローズの回線を利用して構築されているのが「IP-VPN」です。 

IP-VPNは通信事業者が構築しているため、通信速度は安定しており、セキュリティも高めですが、導入コストも高いです

暗号化にSSL技術を使用したSSL-VPN 

SSL-VPN」は、暗号化された通信の「SSL技術」を使い、VPNで接続するネットワーク内のデータを暗号化できるリモートアクセスVPNです。 

元々はWebブラウザからサーバにSSL通信できるように開発されたものであり、外部からのリモートアクセスに適性があります。 

IP層で暗号化・認証を行うIP Sec-VPN 

IPSec-VPN」は、すべての通信を暗号化して安全性を確保し、高い回線品質を保証するVPNです。 

リモートアクセスに対応するには別途で環境設定が必要ですが、高セキュリティで高速通信が可能なため、様々な企業で利用されています。 

元々は、組織間をつなぐプライベートネットワークとして開発されたため、決まった拠点同士での安全性の高い通信を実現できます

まとめ

リモートアクセスについて解説しました。 

リモートアクセスを活用することで、勤務体系を柔軟にすることができ、全体的な業務効率化を図ることができます。 

どんな機能を重視するべきかを考え、自社にあったリモートアクセスの方法を適切に選びましょう。 

また、リモートアクセス管理についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 
こちらもあわせてご覧ください。 

また、テレワークのセキュリティ対策をお考えの方に、今すぐできるセキュリティ対策をまとめた資料をご用意しました。ぜひ無料でダウンロードしていただき、自社でのセキュリティ状況把握や改善にお役立てください。

情報セキュリティ対策組織体制・ルールの構築
タイトルとURLをコピーしました