採用担当者必見!応募者の履歴書は破棄?返却?

この記事は約3分で読めます。

あなたの会社にはどんな種類の個人情報が保管されていますか?

例えば、従業員の個人情報や取引先の情報がまず挙げられます。

一般消費者向けの事業を展開している会社であれば、個人のお客さまに関する情報が管理されているかもしれません。

そんな中で、意外と忘れがちな個人情報としては、採用選考に関する個人情報が挙げられます。

例えば求職者の履歴書や職務経歴書など、ほとんどの会社で、新規採用を行う際には、取得および利用を行っていると思います。個人情報として、応募者の方から履歴書や職務経歴書を預かる際には、もちろん同意書の記入を頂く必要があります。

では、その方がもしも「不採用」になってしまった場合、会社にある履歴書や職務経歴書はどう扱えばよいのでしょうか?

訪問回数無制限! 認証取得100%!

不採用の場合、履歴書はどうするの?

プライバシーマークの仕組みの中には、履歴書や職務経歴書の処分について、明確に『●●●という処理を行うべき』といった記載はありません。したがって、不採用時の処分については、各会社で処分に際するルールを定める必要があります。

ルールを決めるためにも、応募者から預かる個人情報の一覧をまず把握する必要があります。履歴書や職務経歴書はもちろん、エントリーシートやアンケート等を記入してもらっている場合は、それらも個人情報に類することになります。

また、紙媒体なのか、電子データなのか、またその両方の可能性があるのか、など、取り扱う可能性のある個人情報の形式も網羅しておきましょう。

応募者の履歴書を破棄する場合

電子データにせよ紙媒体にせよ、不採用時に会社側でそれら個人情報を破棄する場合には、本人に対して事前に破棄/処理の方法などを伝えておくことが望ましいでしょう。もちろん、伝えるだけでなく、社内にて確実に処理を行うことが重要です。

また、万が一にも再び当該の履歴書が必要となった場合に備えて、不採用時に直ちに廃棄するのではなく、多くの会社が廃棄までに一定の期間を設けています。大企業であれば一年ほど保管しているケースもありますし、中小企業の場合はもう少し保管期間が短くなります。

応募者に履歴書を返却する場合

次に、本人へ返却する場合ですが、破棄する場合と同じくらい、もしくはそれ以上に注意が必要です。と言うのも、返却を行う個人情報は必然的に紙媒体になりますが、次のような郵送時のトラブルが考えられるからです。

  • 郵便途中における紛失
  • 宛先間違いによる誤送付

「郵便途中における紛失」の対策としては、書留を利用して、配達記録が残る手段を選ぶことが肝要ですが、同時に所定の経費がかかるというのが頭を悩ませるところです。

郵送の方法については、例えば年間の応募者数などを考慮して、普通郵便を利用するか書留を利用するかルール化しておくことが求められます。

社内での一貫したルール作りが重要

会社が負うリスクは可能な限り低減したいという考えであれば、社内で処分するのがベターかもしれません。

しかし、応募者から返却を希望されるケースも考えられますし、社内から返却を推す意見が出てくる可能性もあります。それぞれの要素を検討して、統一した一つのルールを採用する、応募者の希望に合わせられるよう複数のルールを設けるなど、会社の方針に則した、一貫性のあるルール作りが求められます。

弊社ではPマーク認証取得/運用支援サービスを行っております。会社のスタイルに合わせ、自社で「運用できる」認証をこれまでに1,900社以上ご支援してまいりました。Pマーク認証取得にご興味のある方、運用でお困りごとのある方は、まずはお気軽に無料でご相談ください。

認証取得を目指す Pマーク
LRM株式会社 画像
この記事を書いた人
ISMSやPマーク取得支援・情報セキュリティツールの導入支援を行っている情報セキュリティコンサルティング会社。また、情報セキュリティ向上クラウド「Seculio」の運営しています。
セキュマガ | LRM株式会社が発信する情報セキュリティの専門マガジン
タイトルとURLをコピーしました