脆弱性診断とは?その必要性や内容、事例について解説

この記事は約10分で読めます。

自社のシステムの安全性を検証する方法の一つに脆弱性診断があります。
システムを構築しているコンピュータやネットワークを調査し、脆弱性を含めた様々なセキュリティリスクを発見するサービスのことです。

この記事では、脆弱性診断の概要や必要性、具体的な内容について紹介します。

また、弊社でお取り扱いしているWebアプリ・スマホアプリ向け脆弱性診断サービス「Sreake Security」では、チャットツールや動画を利用した柔軟なコミュニケーション・ご報告、ハイスキルな診断員を強みとしており、「形骸化しない本当に意味のあるセキュリティ診断」をお約束いたします。

まずはお気軽に資料請求・お問い合わせください。

インフラのプロのノウハウでハイレベルな脆弱性診断を

脆弱性診断とは

脆弱性診断とは、ネットワーク、OS、ミドルウェアやWebアプリケーションなどに脆弱性がないか診断することです。脆弱性とは、そのシステムにおけるセキュリティ的な弱点のことを指す言葉で、システムを構築しているプログラムのバグとも言えます。

脆弱性を放置したままシステムを使い続けることは、非常に危険です。
システムのリリース時や更新時には、必ず脆弱性診断を実施して、脆弱性を特定し修正するようにしましょう。そうすれば、もしサイバー攻撃の標的にされても、脆弱性を悪用した被害を未然に防げます。
また脆弱性が発見されても、修正プログラムが存在しない場合は、修正プログラムがリリースされるまで、そのシステムを使わないようにしましょう。 

脆弱性はサイバー攻撃の標的に

インターネット上に存在する悪意のある攻撃者は、様々な方法でシステムの脆弱性を狙ってきます。 

例えばECサイトなどのWebサイトや、自社で開発したシステムなどでは、コンピュータ上で様々なプログラムが動作しており、データベースと連携して動作していることもあります。このようなプログラムで動作しているシステムは複雑になることが多いためバグが発生しやすく、それが脆弱性になってしまい、攻撃者にとって隙を与えることになりかねません。 

攻撃者はインターネットを経由して、自社のシステムに侵入しウイルスに感染させ、機密情報や金銭を窃取することもあります。
さらに自社のシステムがウイルスに感染した場合、自社が被害者となるだけでなく、自社から他社へとウイルスを感染させる感染源となってしまうこともあります。また自社のコンピュータが乗っ取られてBOTとなり、DDoS攻撃の攻撃源として悪用されることも考えられます。 

このように脆弱性を放置しておくことは、自社がサイバー攻撃の標的となるだけでなく、加害者となってしまう可能性もあることを知っておくべきです。もちろん加害者になってしまうと、自社に発生した損害に加えて、被害者に対しても責任を負うことになりかねません。

脆弱性診断の必要性

脆弱性診断の第一の目標は、セキュリティの穴である脆弱性を発見し、サイバー攻撃のリスクを減らすことです
第二の目標は、自社システムの脆弱性を知ることによって、インターネット全体を安心に使用できる基礎の一部となることです。 

自社システムに脆弱性があると、情報の流出やセキュリティ攻撃への悪用など、インターネット全体の安全性を揺るがす事態になりかねません。そこで、事前にシステムの脆弱性診断をしておけば、セキュリティ事故に繋がるリスクを低減できるため、結果的にセキュリティ対策コストを低減させることが可能です。 

セキュリティ対策として、一般的なセキュリティソフトの更新や、各種ソフトウェアへのセキュリティパッチの適用をしている企業もあるかもしれません。 

しかしそれらだけでは脆弱性対策としては不十分です。 
なぜなら、ソフトウェアやミドルウェアには新たな脆弱性が日々発生しており、セキュリティパッチがリリースされていたとしても、システムの管理者やユーザーが適切に適用させているとは限らないからです。対策しているつもりでも、セキュリティリスクが潜在していることは十分にありえる話です。 

また脆弱性が発見されていても、セキュリティパッチのリリースが遅れている状況も考えられます。脆弱性の発見と対策のタイムラグを悪用したサイバー攻撃は「ゼロデイ攻撃」と呼ばれており、深刻な問題となっています。 

しっかりとした脆弱性対策を施すためには、外部のセキュリティの専門家による脆弱性診断を受けることが必要不可欠です。 
自社による対策だけでは不十分な箇所も、専門家が攻撃者の視点で脆弱性診断を行うことで、発見の難しい脆弱性を解消し、サイバー攻撃の被害に遭う可能性を減らすことができるからです。 

形骸化しない本当に意味のある脆弱性診断「Sreake Security」を詳しくみる

脆弱性診断の内容とは

脆弱性診断とは具体的には、どのような頻度で、どのようなことを行うのでしょうか。
もう少し詳しく見ていきましょう。

脆弱性診断の頻度

脆弱性診断の実施頻度はどの程度がよいのでしょうか。JPCERT/CCが発表している「Web サイトへのサイバー攻撃に備えて」によると、点検項目によって、「1週間に1回程度」の項目や、「1年に1回程度」などの目安が設けられています。
例えば、「Webサーバー上のファイルの確認」は1週間に1回程度ですが、「ログインIDとパスワードの確認」や「DDoS対策や、対応体制の確認」は1年に1回程度とされています。

システムの内容にもよりますが、一般的には1年に1回程度の定期的な脆弱性診断と、システムに変更が実施された場合の都度実施が良いとされています。

自社で診断できる項目でしたら、自社で対応すれば良いのですが、自社で適切に診断できない項目や、技術的に難易度の高い項目については、サーバー事業者やセキュリティ企業と相談して実施することをおすすめします。

脆弱性診断の実施内容

脆弱性診断の内容ですが、最近では脆弱性診断専用のツールを使った診断も多く活用されています。
ツールを使った診断は、比較的低コストなので、自社に予算がない場合はツール診断を選択すると良いでしょう。

しかし、しっかりとセキュリティ対策をするならセキュリティ専門のエンジニアによる直接診断が必要です。
コーポレートサイトやキャンペーンサイトなど、それほど複雑ではないWebサイトの診断ではツールを使った診断で事足りますが、ECサイトのように複雑なWebサイトや、機密情報、個人情報など重要な情報を取り扱っているWebサイトは、セキュリティ専門のエンジニアをアサインして直接診断を行ったほうが良いでしょう。

脆弱性診断の内容は具体的には以下です。

  診断方法 見るべきポイント
Webアプリケーション脆弱性診断 セキュリティのスペシャリストによるマニュアルの検査・ソースコードの診断や分析 設計や開発の不備によるセキュリティリスク
ネットワーク脆弱性診断 インターネット経由のリモート診断と、イントラネット内からのローカル診断 サーバーやネットワーク機器の設定ミスや脆弱性によるリスクの可視化と対策
スマートフォンアプリケーション脆弱性診断 クライアントとサーバーの両方のアプリケーションの診断と、セキュア開発ガイドラインの提供 サーバー上のアプリケーションとスマートフォンにインストールされたアプリケーションの両方のセキュリティ上のリスク
IoTセキュリティ脆弱性診断 IoTデバイス、スマートフォンアプリケーション、Webアプリケーション、ネットワークの各レイヤにおける攻撃者視点でのセキュリティリスク診断 IoTシステムの各レイヤのセキュリティリスクの可視化と脆弱性の対策
セキュリティ事故予防訓練 疑似的なマルウェアや標的型攻撃メールを使用した疑似体験による現状評価 クライアント環境におけるセキュリティ耐性
セキュリティポリシー診断 セキュリティ対策チェックシートへの回答結果による、課題と対策の提示。既存のセキュリティポリシーを踏まえた改善方法の分析と診断 内部運用、アプリケーション、サーバー、クライアントの4つ観点の外部脅威と内部脅威の診断
エンドポイント診断 セキュリティパッチの適用状況やアプリケーションのバージョンの確認 情報漏洩や標的型攻撃によるリスクの分析と診断

自社に取って必要な脆弱性診断は診断対象のシステムによって異なります。直接診断やツール診断に関わらず、依頼先のセキュリティ企業と相談して、自社にとって適切な脆弱性診断を選択することが重要です。

Webアプリ・スマホアプリ向け脆弱性診断「Sreake Security」はこちら

脆弱性診断の導入事例

脆弱性診断の導入事例として、株式会社イエラエセキュリティの事例を3つ紹介します。

ECサイトの脆弱性診断(大手ECサイト企業)

ECサイトのリニューアルに併せてセキュリティ診断を行いました。

ネットワークを経由した不正な値の入力のチェックや、リクエストの改ざん、不正コードの挿入などの疑似的な攻撃による診断を行いました。診断の結果、個人情報の漏洩のリスクがある脆弱性を発見し、攻撃を未然に防止できました。

SNSアプリの脆弱性診断(SNSサービス運営会社)

iOSアプリの開発中に、Android版の開発が急遽決定し、自社で脆弱性診断を行う時間が確保できなかったため、脆弱性診断を依頼されました。

JSSECのセキュアコーディングガイドやOWASPMobileTop10などのセキュリティガイドラインに従って診断を行った結果、「WebViewを通じたローカルファイルの漏えい」などの致命的な脆弱性を未然に防ぐことができました。
引き続き、サイバートラスト株式会社の事例を紹介します。

コワーキング施設のネットワーク脆弱性診断(官公庁)

コワーキング施設の開所にともない、利用者が安全にネットワークを利用できるかどうか確認するために診断を行いました。

新型コロナの影響もあり、直接診断できなかったため、東京にあるサイバートラスト株式会社とコワーキング施設をリモートで接続して脆弱性診断を行いました。診断の最中に、中レベルの指摘事項が発見されましたが、リアルタイムで対応でき、診断は順調に進みました。

★LRMの提供するWebアプリ・スマホアプリの脆弱性診断サービス

Webアプリやスマホアプリの脆弱性は、多くのサイバー攻撃の要因となっています。
そこで、LRMは、Webアプリ・スマホアプリの脆弱性診断サービス『Sreake Security』を提供しています。 

Sreake Securityは、アプリケーションレベルだけでなく、ミドルウェアやネットワーク、クラウドプラットフォームにおける診断まで行うことができます
脆弱性診断の実施時には、お客様とのコミュニケーションを重視し、報告書に加えて動画を用いて、より詳細に脆弱性診断の結果をお伝えいたします。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。 

まとめ

脆弱性診断の概要について詳しく紹介しました。
脆弱性が存在していることで、サイバー攻撃の発生時に不正アクセスやWebサイトの改ざんなどの被害が発生し、金銭的な被害だけでなく、自社の社会的信用も失われてしまいます。

セキュリティ対策にかける費用は、コストではなく投資と考えるべきです。
もし自社でセキュリティ対策を何も行っていないのであれば、まずは脆弱性診断から検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、Webアプリ・スマホアプリ向け脆弱性診断サービス「Sreake Security」をお取り扱いしております。チャットツールや動画を利用した柔軟なコミュニケーション・ご報告、ハイスキルな診断員を強みとしており、「形骸化しない本当に意味のあるセキュリティ診断」をお約束いたします。

まずはお気軽に資料請求・お問い合わせください。

情報セキュリティ対策インシデント対策
タイトルとURLをコピーしました