pageTop
コンサル営業
金子 綾人

プロフィール

東北大学法学部卒。大手IT、訪問販売、Webベンチャーなどで営業を経験。
自身の営業スタイルに合い、今後成長していくというビジョンに惹かれ、LRMへ入社。

自分の担当業務・役割

現在、私は主に法人営業をメインに担当しています。
Webサイトや、ご紹介いただいたお客様からの問い合わせに対応し、商談や提案を行い、最終的には契約締結までをフォローしています。
今後は代理店の開拓も始める予定なので、制度設計から代理店との交渉・管理なども行っていきます。

仕事のやりがい、たいせつにしている事

たいせつにしているのは「受注することだけにこだわらない」という点です。
実はLRMに入社直後に言われた言葉で、今までの営業ではありえないので衝撃を受けました(前職では「客の会社が潰れてもいいから契約して来い」と言われていたくらいです)。

もちろん受注しなければ売上になりません。しかし、必要のないお客様から受注したとしても、最終的に満足していただくことはできません。さらに、無理な案件を受注すると、社内のコンサルタントの負担が大きくなります。もちろん仕事なのである程度は受け入れてもらえるように説明しますが、厳しい場合には営業段階でお断りすることもあります。

自社の売上のことだけではなく、お客様のこと、社内のことも考えて営業することは難しいですが、私からすると関係者全員が幸せになるような提案ができるので、非常にやりがいを感じています。

社内の環境(人・設備面・制度など)

どの会社でも言われることでしょうが、本当に良い人が多いです。そもそも仕事の性質上、他人を蹴落とす意味は全く無いので、ガツガツした人は少なく、穏やかでのんびりした人が多い印象です。若い人が多いので、仲の良いフランクな職場だと感じます。

イケイケのベンチャーのようなおしゃれなオフィスではありませんが、実用的な設備が整っています。

ワークライフバランス制度や家賃補助は特に良い制度だと感じます。現状はまだありませんが、今後はフレックス制度を導入されるという話もあるので、かなり期待しています(ベンチャーのくせにフレックス制度もないのかと感じたそこのあなた、一緒にフレックス制度導入を目指しましょう!)。

ワークライフバランスについて

以前はかなりワーク寄りだったようですが、今はかなりバランスが良いと感じています。一部は長時間労働になっていますが、強制されているわけでもなく、自発的にやっているだけです。
ただ、比較的ワーク寄りの人が多いので、覚悟は必要です。

入社理由、LRMの魅力など

入社理由は「テレアポや飛び込みがない」「嘘がない」「成長ビジョンがある」会社だと感じたからです。
私は今まで3社経験し、「自分は何が嫌なのか」「どうすれば結果を出せるのか」はある程度把握できています。よって、私からするとLRMの状況を正確に把握することが重要でした。しかし、Web上の情報は何が本当で何が嘘かが分かりません。面談の場で嘘をつかれるとお手上げです。

LRMは面談まで全く入社する気がありませんでしたが、面談での質疑応答を通して、回答内容について(Webに記載されている内容も含めて)嘘がない会社なのだと確信しました。
また、会社が成長フェーズであることも確認し、自身も共に成長できる環境だと判断し、入社を決めました。

募集要項をチェックする